FX初心者のオススメFX業者と口座開設方法やテクニカルの基礎知識とトレード手法などを解説する入門サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXとは?

FX初心者にとって、まず理解しなくてはいけないのが、FXとはなにか?です。
FXとは、外貨証拠金取引のことで、正確には外国為替の通称としてFXとよれています。
このFXとは、証拠金と呼ばれる保証金を口座に入れておけば、その保証金の数倍の単位で
取引が可能となっている投資です。これをレバレッジと呼びます。
FXが注目されている理由として、海外の通過を交換したりして利益を出す投資方法で、
株とは違い外貨を取引するので安定性があることから注目されています。
株は比較的変動が大きいのですし、企業の業績などに大きく影響しますが
FXは通貨を対象とした取引なので、変動が比較的小さいのでリスクが少ないといわれています。
そこで思い出すのが外貨預金。
この外貨預金とFX(外貨証拠金取引)の違いはどんな違いがあるのでしょうか?
外貨預金の場合、ドルやユーロなどの日本で使われている通貨以外の通貨で
貯金をする方法を外貨預金としています。
外貨預金は通常の預金と違い、金利が高くなっています。
現在の日本の銀行の預金金利はないに等しいですよね?
しかし、外貨預金は金利が高いので金利による利益が預金をしているだけで得られるというメリットが
あるのです。
しかし、外貨預金は手数料が高かったり、
必ずしも預金した金額が保証されるということではありません。
為替の変動によっては預金した金額よりも下回ってしまうことがありますし、
又、引き出そうとしたときに手数料が多くかかってしまったりします。
外貨預金の場合、多額の預金が出来ないと利益よりも手数料が多くなってしまうこともあるようです。
一方、FXは金利の差額も利益となり、手数料もかなり安いので外貨預金のメリットがそのまま
利用できるというメリットがあります。
又、外貨預金の商品によっては定期のようなものが多く、自由に引き出したりすることができないという
デメリットもあるのですが、FXはその点も自由にできます。
さらに、為替の変動によって売買を行えば、その分の差額も利益になります。
外貨預金のメリットをそのままに、自由度が高いのがFXといってもよいかもしれません。
冒頭でも言いましたように、レバレッジと呼ばれるシステムを利用すれば
10万円の資金で1000万円の取引が可能なので、外貨預金の金利だけを狙うよりも
大きな金額が利益になることも可能なのです。
しかし、その分リスクも伴います。
外貨預金に比べ自由度が高いので自分で管理することが必要不可欠となるのです。
ちなみに、現在FXを行う上で総合力でオススメな口座が【サイバーエージェントFX】です。
ここならば、スワップ金利も高め・少資金(1万円から取引可能)・コストが安い(手数料無料)とのことなのでオススメです。
まずは、【サイバーエージェントFX】から口座開設するとよいと思われます。

関連記事