FX初心者のオススメFX業者と口座開設方法やテクニカルの基礎知識とトレード手法などを解説する入門サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのスワップとは?

FXの初心者が一番初めに疑問に思うのがスワップという用語。
FXの特徴としてよく使われる「スワップ金利」とはいったいどんなシステムなのでしょうか?
スワップ金利とは、金利が低い通貨で金利が高い通貨を買うことによって生じる
金利の差額がスワップと呼ばれています。
このスワップというのは、口座に入れている金額に対して毎日受け取ることができるのが
最大のメリットです。
スワップを上手に利用すると通貨ペア(円とドルのような)によっては、
一年間日本の銀行の定期預金に預けておいて得られる金利の利益を
一日で得られることもあります。
現在、日本の銀行においては金利がすずめの涙ほどの金利。
定期預金に入れておいても、思ったほどの金利を得られることは期待できません。
そういった事情を踏まえると、スワップがつく口座を開設しておき、資金を入れておけば
定期預金よりもメリットがあるかもしれません。
しかし当然ながらデメリットはつきもの。
スワップにもデメリットやリスクがあります。それがマイナススワップ(支払いスワップ)と呼ばれるものです。
これは、金利が高い通貨で、金利が低い通貨を取引すると、その金利の差額分を
支払わなくてはいけないのです。
さらに、為替の変動によるマイナス利益が重なると資金があっという間に底をついてしまいます。
もちろんこういったことがないように、FX業者によってはそういった情報を提供してくれる
ケースもありますが、やはりFX初心者といえどもリスクは自分で管理すべきもの。
FX初心者はスワップを第一に考えた取引をまずは行うので、
マイナススワップにならないように事前に調査し、理解しておくことが重要となってきます。
ただ、デメリットやリスクを抜けばスワップはFXをやる上で一番のメリットともいえます。
取引金額によっては、スワップの利益が毎日数千円~1万円以上というケースもでてきます。
そのスワップで得た利益を資金に回してポジションを得ることもできるので
FX初心者としてはスワップはうれしいシステムです。
上手に活用していきましょう。

関連記事