FX初心者のオススメFX業者と口座開設方法やテクニカルの基礎知識とトレード手法などを解説する入門サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXのレバレッジとは?

FXの取引で一番のメリットというか特徴がこの「レバレッジ」です。
FXの取引をする上で、活用したいのがレバレッジ。
では、レバレッジとはどんなことなのでしょうか?
レバレッジとは、簡単に言ってしまえば少ない資金でもレバレッジを利かせることによって、口座に入れてある金額の数倍の金額を取引することが可能になるシステムのことです。
それによって、少ない資金でもその資金では取引できない金額を取引することができレバレッジを使った取引によって得た利益も、そのレバレッジの倍数に応じた利益を出すことができるのです。
具体的に例をあげながら説明していきます。
例えば、現在1ドル=100円だとします。その為替の状態で、5000ドルを買ったとします。
すると、その取引に必要な金額というのは50万円。
1ドル100円×5000ドル=50万 ですね?
つまり、この取引を行いたい場合、最低でも50万円は口座に入れておかないといけないのです。
しかし、ここでレバレッジを利用してみましょう。
レバレッジを10倍とした場合、必要な資金は10分の1で済みます。なので、5万円の資金で済みます。
5万円の資金で、50万円分の取引ができる。これがレバレッジです。
今回の例だと、5万円の資金が実際にFXの取引で利用される金額なので為替の変動やポジションの取り方や取引の仕方によって損が出た場合はこの5万円で損を補うこととなります。
(もし、損失が5万円を超えるような状況になると、FXの業者のほうで自動で決済されてしまいます。)
FXの場合、レバレッジを利用すれば、実際に取引したい額の全てを用意しなくてもよいのです。
取引を行うために必要な資金の何分の一を用意すれば運用できます。
これがFXの最大の特徴であるレバレッジがあるから、こういった運用が可能となります。
又、レバレッジを利用して運用していたとしてもスワップ金利は発生します。
もし、為替の変動が自分が予想する変動に進まず、損失が出たとしてもスワップ金利を得ていると、マイナスが少なくなり、リスクヘッジにもなります。
FXの取引に慣れてきたら、レバレッジを使って資金の数倍の金額を運用し、その金額に対するスワップ金利の利益も考えておきながら資金を運用しておくと、もし損が出てもその損が少なくなるので、慣れてきたらそういったレバレッジとスワップの使い方を勉強するとよいでしょう。
ちなみに、レバレッジを高めに設定できスワップ狙いの投資もやりやすく、1万円から取引可能で、1000通貨単位で取引ができる口座が【サイバーエージェントFX】です。
ここならば、レバレッジを利用して運用しやすいですし、そのほかの面でもメリットがあるのでオススメです。

関連記事