FX初心者のオススメFX業者と口座開設方法やテクニカルの基礎知識とトレード手法などを解説する入門サイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スワップで儲ける方法

FXを行ううえでの魅力として挙げられるのはスワップです。
スワップについての詳しい解説はスワップの解説をごらんになってください。
ここではスワップで儲ける具体的な方法を解説していきます。
金利で儲けるいわゆる利息収入というのは、FXだけではありません。
外貨預金や外貨MMFなどでも同様に金利収入を得ることができます。
外貨預金や外貨MMFなどでは、特定の通貨ペアとなり、
金利収入が自由に選べないというデメリットがあり、加えて、外貨預金などの金融商品を扱っている
銀行に手数料を取られてしまい、実際に自分が受け取る金利収入は少ないのが現状です。
しかし、FXで金利収入を得ようとした場合、外貨預金のような制限がありません。
さらに、通貨も自由に選べるので金利差も自由に選ぶことができます。
それによって、外貨預金よりも受け取る金利収入が大きくなります。
例を挙げます。ドル/円の通過ペアで取引を行ったとします。
ドルの金利が5%だとして、円の金利が0.5%だとすると、その差である4.5%が金利収入として
利益が発生するということになります。
ただし、FXではそれらの利益をスワップポイントというカタチで利益にしていきます。
スワップポイントは各FX業者によって多少の違いがあるので、
一概にいくらとは言い切れませんが、2009年4月のデータを元にすると
一番高いスワップポイントを設定しているのがトウキョウフォレックスなので、
そのトウキョウフォレックスを例に挙げてみましょう。
トウキョウフォレックスでは、ドル・円で1万通貨単位で取引をした場合、
60ポイントがつくことになっています。
この60ポイントは毎日受け取ることができますので、一週間で420円となり、一年間保有していた
としたら、60×365日で21900円を受け取ることができます。
1万ドルを取引するには、1ドル100円だとすると、100万円が必要となります。
しかし、レバレッジを10倍にすれば最低10万円(手数料などは抜いて)の
証拠金を口座に入れておけば一年間で約2万円を受け取ることが可能となることになります。
銀行に預けているだけでは、2万円ですら金利で受け取ることができないので、
スワップポイントはうれしいシステムです。
今回の例ではドル・円の通過ペアで例を挙げましたが、もっとスワップポイントが高い
通貨もあるので(ポンドは2008年4月の段階で257スワップポイント)、そういった通貨を
利用すればもっとスワップで儲けることができます。
又、取引額を上げていけば、金利収入も増えてくるということになります。
しかし、スワップで儲けるにもリスクは発生します。
為替の変動などによっては、取引を行ったときのポジションがマイナスに転じてしまうことが
あり、証拠金が目減りすることにもなりかねません。
となると、スワップの利益が為替の変動によって全く意味がなくなってしまうことにもなりかねないので
為替の変動は常にチェックをし、証拠金にマイナスがでそうならば売りを出し、
自分が希望するポジションになるまで待って、新たなポジションのもとスワップ狙いの儲け方を
するとよいでしょう。
※注意
今回のあげたスワップポイントは2008年4月の段階でのスワップポイントです。
スワップポイントは常に変動しているので、確認をお願いします。

関連記事